Kansai Logistics Expo 2019 第1回 関西物流展

開催経緯・概要

関西にて、待望の『物流総合展』を初開催!

我が国における「物流」は産業競争力の向上、豊かな国民生活の実現、地方創生を支える社会インフラなど必要不可欠な日本を代表する産業で、市場規模は約20兆円にものぼり、近年のEC市場の急拡大や商品流通の技術改善と共に更なる市場拡大が見込まれています。
一方、①ドライバーの減少・高齢化、労働環境の悪化、②物流業界各社の過剰サービス、③積載率減少による効率悪化など、深刻な課題も山積する中、物流に関するあらゆる情報、製品、サービスが集まり、活発な商談や議論が行われる場が欲しいという業界関係者の声を受けて、物流の「生産性向上」、「環境改善」にスポットを当て、業界の課題解決、更なる発展に向けた切っ掛けとなる場を創ることを目的に『第1回 関西物流展』を「インテックス大阪」で初開催します。

「関西」で「物流展」が求められる理由

  1. 大阪は近畿2府4県、中国・四国、北陸における物流拠点で、後背地に巨大な生産・消費地を抱え、陸・海・空の物流拠点として優位性が高い。
  2. 大阪湾岸部は輸入貨物の取扱いや三大都市圏への配送において利便性が高く、神戸港などと共に大阪港は国際戦略港湾として、「阪神港」の一翼を担う。
  3. 大阪府内の倉庫業は1,000事業所を超え、全国でトップクラス、その立地は主にベイエリアを中心とした流通上の利便性の高いエリアに立地する。

など、「大阪」は西日本の物流拠点の要所であり、物流事業者が集中する南港地区と「インテックス大阪」は至近に位置する。

出展・来場対象者が集中する南港地区「インテックス大阪」で開催!

名称
第1回 関西物流展
会期
2019年11月27日(水)・28日(木)・29日(金) 10:00~17:00
[最終日29日のみ16:00まで]
会場
インテックス大阪 4・5号館(予定)
[〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1-5-102]
主催
関西物流展 実行委員会
後援
経済産業省 近畿経済産業局、国土交通省 近畿運輸局、大阪府、大阪市、堺市、兵庫県、神戸市、公益社団法人関西経済連合会、大阪商工会議所、
一般社団法人大阪卸商連合会
協力
アルコール検知器協議会
一般社団法人運輸デジタルビジネス協議会
FA・ロボットシステムインテグレータ協会
大阪アパレル物流協議会
大阪鉄鋼専業倉庫会
一般社団法人大阪府運輸倉庫協会
大阪府貨物運送協同組合連合会
協同組合関西ファッション連合
近畿倉庫協会連合会
一般社団法人近畿トラック協会
近畿冷蔵倉庫協議会
 ・京滋冷蔵倉庫協会
 ・大阪府冷蔵倉庫協会
 ・兵庫県冷蔵倉庫協会
 ・和歌山県冷蔵倉庫協会
一般社団法人航空貨物運送協会
一般社団法人国際フレイトフォワーダーズ協会
一般社団法人全国スーパーマーケット協会
公益社団法人全国通運連盟
公益社団法人全日本トラック協会
公益社団法人鉄道貨物協会
一般財団法人日本規格協会
日本危険物コンテナ協会
日本危険物倉庫協会
一般社団法人日本3PL協会
一般社団法人日本自動認識システム協会
一般社団法人日本パレット協会
独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部
一般社団法人日本冷蔵倉庫協会
日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会
一般社団法人阪神港海上コンテナ協会
兵庫県倉庫協会
一般社団法人流通システム開発センター

出展対象製品・技術・サービス

保管機器システム 自動倉庫、棚/移動棚/回転棚
保管・輸送サービス 複合一貫輸送システム、輸送・流通サービス、流通加工、物流業務要員派遣サービス
仕分け、ピッキングシステム 仕分け機器、ピッキングカート、デジタルピッキング
AI/Iotソリューション AIソリューション、制御機器・システム、モバイル機器、IoTプラットフォーム、ウェアラブル機器、IoTゲートウェイ、通信モジュール、データセンター、センサネットワーク、セキュリティ、遠隔監視、クラウドサービス、ビッグデータ活用、測定器・シミュレータ
搬送システム コンベヤ、パレタイザ・デパレタイザ、テーブルリフト、クレーン、ドックボード、チェーンブロック
産業・運搬車両 各種トラック、各種関連機器・部品(タコグラフ、ドライブレコーダー、アルコールチェッカーなど)、フォークリフト、無人搬送車、高所作業車、フォークリフト・クレーン用アタッチメント、運搬車両、台車、キャスタ
パレット・コンテナ パレット、コンテナ(輸送・包装)、荷崩れ防止装置、フレキシブルコンテナ、パレット洗浄機
サードパーティ
ロジスティクス
ロジスティクスソリューション、ロジスティクスコンサルティング・エンジニアリング、インテグレーテッドシステム、スケジューリングシステム
情報機器・ソフトウェア ICタグ(RFID)、バーコード、IDシステム、プリンタ/スキャナ、センサ、ラベリングシステム、POSシステム、EDIシステム、SCM/SCEM、受発注管理システム、入荷/出荷システム、在庫管理システム、輸送・配車・配送システム、運行管理システム、ERP、物流コスト管理システム、流通加工支援システム、管理分析システム、ITS/移動体通信システム、求車求荷システム
物流機器部品 モータ、インバータ、タイヤ、ベルト、変速機、ベアリング
リスクマネジメント 耐震・免震・制震器具/技術、転倒防止器具、地震保険、緊急地震速報、自家発電設置・システム、蓄電池、無停電電源装置、情報漏洩防止システム、仮設テント・施設、情報セキュリティシステム、クラウド構築サービス、リスクコンサルティング
包装システム 包装資材、包装機械、包装デザイン・サービス
物流拠点誘致・施設 自治体、空港、港湾、物流施設開発・運営・管理・コンサルティング、建設・設計・施工

来場対象者

関西・西日本を中心とした物流業界関係者20,000名(予定)を動員し、商談を促進します!

  • 運輸・倉庫業
  • 農業、林業、漁業
  • 建設・土木業
  • 食料品、飲料製造業
  • 繊維工業
  • 木材製品、パルプ・紙・紙加工品製造業
  • 機械・精密機械製造業
  • 化学工業・エネルギー
  • 鉄鋼業・金属製品製造業
  • 卸売業、小売業
  • 情報通信、電子部品製造業
  • 通販サービス業
  • 輸送用機器製造業
  • 電気・電子製造業
  • 官庁・団体・学校
  • 大学院生・大学生
  • 医薬・化粧品製造業
  • 出版業

経営層、ロジスティクス・物流、生産・技術、開発・設計、マーケティング・調査、情報システム、営業・企画、導入・購買・仕入などの責任者・関係者、および行政機関・団体・学校等の関係者など

採用難が深刻化する中、本業界に興味を持っていただくことを目的に、学生の来場を促進します。